2010年04月29日

ゴーゴーミッフィー展

ミッフィー展チケット

先日、銀座松屋で開催中のミッフィー展に行ってきました

来年8月まで全国10箇所を巡回する大イベント
みんなでうさこちゃんの55歳をお祝いしましょう

http://www.asahi.com/event/miffy/

公式サイトで細かい解説があったりするので概要は省きます
自分が気になった点をいくつか…

かわいい会場内がブルーナカラー

ディック・ブルーナさんと云えばブルーナカラー!
赤、青、黄、緑、オレンジといった明るい色で会場を包みます
まあ、会場の壁面がカラーリングされてるってだけなのですが
壁の色って作品のイメージを左右するので重要ですよね
見ているとワクワクしてきちゃうんですよ
ちなみに入口付近はレンガの壁にショウケース埋め込みで
うさこちゃんたちのお人形を展示してましたよ

かわいい貴重な原画がたくさん

ブルーナさんの手仕事が垣間見えました
原画はキャンソン紙(たぶん)に直接線画を描いてるんですね
最初は色も線画も一緒の紙でしたが、描いていくうちに線と色は別になり、
最終的には色は「塗る」ことから「色紙を貼る」ことに移行してました
よりシンプルで見る者を惹きつける画面になっていきました

かわいい実は子どもにやさしくない展示

展示作品の目線が大人目線でした
確かに子ども目線にすると大人的には腰痛めちゃいますものね
自分が行ったのが平日夕方ということもあるのでしょうが、
子どもよりも大人の鑑賞者が目立つ展覧会でしたね

かわいい映像に仕掛けが

映像が計4つありました
・DVDでも発売している映像(飛行機に乗ってるうさこちゃんがいました)
・ブルーナさんと自転車で追いかけっこする映像
・ブルーナさんインタビュー
・ブルーナさんの作業風景
この作業風景の映像が楽しかった!
スクリーンが2つあり1つは普通のスクリーン、もう1つは絵本を開いた状態のスクリーン
この2つのスクリーンが連動し、ブルーナさんの作業姿と手元を映してるのです
うさこちゃんの線画を描いてるのですが、これがすごい緻密なんですよ
うさこは単純な線だけど仕事は単純じゃない!ブルーナさんの心意気が伝わってきたような気がしました
描き上がったうさこちゃんが動き出して「うさこちゃんのだんす」のお話が始まります
最後にもうひとつ仕掛けがあるのですが、会場に行ってみてください
あ、そのときは立ち位置に気をつけてくださいね

かわいい絵本とか絵本とか

出口付近に絵本が読めるスペースがありました
ミッフィーを知らない人でもここでお話を読めるので安心です
ここのスツールは会場でも売ってるようです(4万円超らしいのですが)


点目とバッテンお口はただ可愛いだけじゃないのよ!
展覧会カタログを読んでミッフィーの奥深さを改めて知りました


ミッフィー展の醍醐味、それはグッズコーナー…

グッズコーナーが広いこと広いこと
松屋のようなデパート催事場だから確保できるスペースなんじゃないかと
横浜そごう会場がどうなるのか今から心配です(狭いから)
会場の外で販売するのかしら?
では買ってきたものをお披露目〜

グッズ1

たぶんどこでも売ってる55周年記念グッズ
チロルチョコ、折り畳み傘、ボールペン
ボールペンは赤黒の2色

グッズ2

会場限定グッズ
展覧会カタログ、55周年記念ぬいぐるみ&巾着、ピザ型クッキー(ココア)

グッズ3

クッキーの箱のシール
祖父江さんデザインのうさこシール

グッズ4

クッキーの絵柄
ちゃんと顔が誰だか書いてくれてるのですがわかりません

グッズ4

グッズを買うと入れてくれるショッパーと出口で配布してるリーフレット
ショッパーは入りきらなくて松屋ショッパーになっても貰えました
リーフレットはこちらでそのうち紹介されるというバースデーカード用の用紙になってます
このバースデーカードを送るとサンクスカードとカタログが届くようですよ
まあ、リーフレットの中身はフェリシモの宣伝になってるんですけど


posted by もちうさぎ at 22:11| 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。