2007年04月08日

特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像」

070407_1927~0001.jpg

「受胎告知」を鑑てきました!
どうやら私が行ったときは日曜美術館で取り上げられた後だったらしく、
似非評論家が沢山いましたw

印象はと云うと……
意外と小さい
色調が鮮やか
宗教的な題材なのに俗世的に思える
──色んな書物を見て感じた印象とそう変わりませんでした。
色に関しては修復されてあまりアテにできないし。
まあ、生きてる間に日本でオリジナルを鑑賞することができたから良しとしましょう。

あれ、何度も出入自由だったのね<第5室
荷物検査殆どスルー状態だったし。
何度か繰り返し鑑賞すれば良かった。

▼ 以下愚痴


posted by もちうさぎ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

スーパーエッシャー展 ある特異な版画家の軌跡

070113_2203~0001.jpg

エッシャーです。
数年前のやる気のなさとは打って変わって気合の入れ方がすごかった。

posted by もちうさぎ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

所蔵作品展 近代日本の美術 特別公開 横山大観《生々流転》

タイトル長っ!
要は常設展+大観コーナーという形ですね。

「生々流転」は以前鑑たことがあります。
そのときは3階に展示してあった気がします。
たまたま別の企画展を見てついでに常設を鑑賞しに行ったら出てた、という偶然でした。
それからもう7〜8年は経つのでしょうか?
久しぶりに鑑て、墨の濃淡だけでだけで描かれる40mの画巻に圧倒されました。
山奥から山里へ、海へ、町へ、また山へ、そして雲の中に龍が覗き出て。
命の流れを描くとともに、ちょっとした旅行気分に浸れるのも画巻の魅力。
ちょうど無料観覧日の日でしたが、あまり人がいなくてじっくり鑑ることができました。
何回も往復しちゃいましたし。40mを。

これちっちゃいレプリカないのかしら?
半分いや、3分の1でもいい、ちっちゃい画巻。
ほら、画巻ってくるくる開きながら「次どんな風景なのかな〜?」って
想像しながら楽しむものじゃないですか。
近代美の人、ここ見てたら是非検討を!w
作ったら売れると思うんだけどなぁ・・・
posted by もちうさぎ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

生誕100年記念 ダリ回顧展

070102_1534~0001.jpg

行列に並んで鑑てきました

posted by もちうさぎ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ルソーの見た夢、ルソーに見る夢

061203_0148~0001.jpg

新聞屋からチケットをガメて鑑てきました

posted by もちうさぎ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

ベルギー王立美術館展

061127_0030~0001.jpg

行ってきました。ベルギー王立美術館展。

感想?
posted by もちうさぎ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

Dialog in the Dark 2006 Tokyo

060908_1228~0001.jpg

見えない。が、見える


仕事休んで行ってきました。
詳しい内容はサイトをご覧下さい。

感想。これ常設展示して欲しい。
もっといろんな体験をしてみたいのです。
暗闇で食べる・飲むという行為は見えている以上に
嗅覚、味覚、食感を感じることができるんだなーと思いました。
あと案内して下さったアテンドの方は視覚障害を持ってる訳ですが、
広い場所に出た時に
「○○さんがいるところ、そのあたりに段差ありますよね?」
とかなり離れた場所から言ってました。
どういう状況だったのかというと、
アテンドさん→私→○○さん
という対角線上にそれぞれいて、
○○さん自身そこで声を発してなかった気がするのです。
なんでそこにいるってわかるの??と吃驚。
あと、暗闇では声と触覚で誰だか判断しており、
誰かに触ったな?と言うときには名前を必ず確認するようにしてました。
アテンドさん、名前確認する前に「これはもちうささんかな?」と。
すごーい。
一緒に参加してた女の子たちも「SKでわかりました」と。
あらら・・・カップケーキ柄JSKは暗闇でも特徴あったのか(笑)
というか、私の他人に対する認識低すぎ??
そういえば「狂骨の夢(京極夏彦)」を読んで共感を覚えたくらい
他人の顔の判別できてないもんな。
特に男の人なんて服装くらいしか覚えられないよ・・・。
うーん、もう少し他人に興味を持つようにしたほうがいいのかもねー
と今日思ったのでした。


※これから体験したい、でも内容は知りたくないという方はご遠慮ください。

以下、ネタバレ感想
posted by もちうさぎ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

三の丸

060820_2252~0001.jpg
posted by もちうさぎ at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

東博

060820_2251~0001.jpg070428_0336~0001.jpg
posted by もちうさぎ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。